ホームページ制作の料金体制を刷新いたしました

ホームページ制作費

トップウェブカンパニーの三浦です。ホームページ制作の料金やサポートの内容を刷新いたしました。

従来は99,800円で制作し、順位が上がったのちに300,000円をご請求するというスタイルにしておりました。

今後は制作費150,000円の通常プランと、制作後もSEO対策をしっかりサポートするSEOプランの二つを設けております。

料金ページ

通常プラン

最新のワードプレステーマTwenty Sebenteenを使いホームページを制作。

ブログの投稿方法や管理方法を制作後1カ月間サポート。

ご自身で正しく記事を投稿出来るかたはこのプランでも検索上位表示を果たせます。

SEOプラン

同じく最新のワードプレステーマでホームページを制作。

6カ月間ブログの記事のチェックやアクセス解析などのサポート。

ブログの記事投稿に不安がある方はこちらのプランをご利用ください。

トップページの試作無料

今回の変更の大きな目玉としてトップページのみを無料で試作させていただくことといたしました。

どんなページになるのか見たいので試作は出来ないのか?などの要望が多々ありましたので対応させていただきます。

デザイン重視の制作会社はお客さんの要望通りのデザインで制作が出来ますが、弊社は「仕事を取ってくることを目的とした制作」のためデザインはシンプルな制作となります。「どこまでシンプルなの?」という不安を解消することが目的です。

少しでもお客様側に寄り添った制作を行いたいと考えておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

このホームページをみた感想

高松のウェブ制作会社トップウェブカンパニーです。前回クラウドワーカーさんにお願いし、弊社のページを見た感想を書いていただき、それに対してページを修正し今回2度目の感想を20名の方に書いていただきました。

調査日:2017年4月18日

平均検索順位:27位

調査人数:20名

前回のアンケート内容

感想

ページの色を白をベースとしているので清潔感のあるホームページだと感じます。ほどよく写真や図などを使っており、こちらはポップな色味なので目を引くし、いいアクセントになっていると思います。しかし、ホームページの制作会社にしては自社のホームページが簡易的過ぎるように感じました。

TOPの画像は遊び心を感じる素敵な画像だと感じたのですが、高松ホームページ制作|トップウェブカンパニーという文字が小さく、目立たないのがもったいないと感じました。文字を大きくしたり、フォントを変えたり、文字の場所を変える必要があると感じました。

トップページの情報量が多すぎる印象です。文字メインなので流し読みをした際によくわかりません。相当スクロールをしないと最後までたどり着きませんでしたので見るのが面倒です。会社概要という別ページもあるのでトップページの下にわざわざ記載する必要もないと思います。

ホームページ制作をうたっているサイトにしてはサイト自体に素人感があります。文字のメリハリももう少しあった方が良いかと思います。オファーがしっかりあって、申し込みへの流れがあるともっといいかと思います。興味はあっても申し込みしづらい感じがします。

シンプルで悪くないと思いましたが、背景が白一色なのと、一番上にでる画像(カメラマークとか、メールマークとかが写ってる画像)がちょっと素人っぽいというか、個人でやってる会社?みたいな雰囲気がある気がします。

全知的に、シンプルで無駄がなく、見やすい点が良いと思います。ヘッダーを他のデザインに変えた方が、より見栄えが良くなるのではないかと思いました。ホームページの内容に興味を持ち、お問い合わせをしたくなりました。

開いた時に全面に背景画像が固定表示されて本文がスクロールして出てくるところが面白いサイトだと興味をひかれる。SEOについてよくわからない人にもデバイスごとに表示の違いを画像で示していたりイラストを使用したりとわかりやすかった。

全体的にスマートな印象を受けました。一定の知識がある方にとっては、仕組みをきちんと説明していることで、安心して作業を依頼できるといった印象を与えることができると思いました。一方で、あまり知識がない方には、わかりやすい言葉で丁寧に説明していることから好印象をうけるのですが、効果面をさらにアピールするようなインパクトが必要に思えました。じっくり言葉を読まない人向けの対応があれば、さらに良くなると思いました。

ごちゃごちゃした感じはなく、シンプルでとても見やすいと思いました。大まかな情報は全てトップページで確認できた所が良かったと思います。 私的にはもう少しイラストなどがあっても良かったのでは無いかと思いました。

全体的にカラフルな色使いで明るい感じがするので、見た目のイメージはいいと思いましたが、説明はイマイチ分かりにくいなと感じました。一つ一つではなく、一画面でパッと分かりやすく見れたらいいかなと。一つ閉じて一つ開いてだと、閲覧側の中で情報がぶつ切りになるかなと感じました。

ちょっと堅苦しい感じがして、取っ付きにくい印象です。もうちょっとイラストなり、画像なりを増やして親しみやすくされるとどうでしょうか?イラストや画像も事務的な感じがするので、女性の私からみるとデザイン性に欠ける感じがしてしまいます。

御社のホームページを拝見させていただいた感想です。説明文や料金などは簡潔に書かれているという印象を受けました。トップの高松ホームページ制作/トップウェブカンパニーという文字が白色となっておりますが、背景画像が白色の入った灰色で非常に見づらいです。また、ホームページに御社の人(顔)が見えません。検索順位関連の仕事で顔を見ての仕事ではないかもしれませんが、仕事を依頼するとなれば企業理念などのページがあり、代表者あいさつで顔をみられた方が依頼側の安心感につながるのではないかと思います。

伝える必要が有ると思われる項目は網羅していると思いますが、見た目のインパクトが足りないと言うのが率直な感想です。各項目の説明は分かりやすくきちんと書いて有るし、内容も理解しやすいです。あとトップページのイメージがHP制作やSEO対策をする会社を想像させないとおもい。勝手な意見述べさせて頂き恐縮です。

画像はカラフルで、背景と文字はシンプルな色とフォントなので、メリハリが効いていて見やすいサイトだと思いました。所々に挟み込まれている画像のおかげで、文章の内容をイメージしやすかったです。見出しに対しての文章量がちょうど良く、すらすらと読み進められました。

hp拝見させて頂ききました、色合いがキレイでとても清潔感が感じられるhpであることが第一印象でした。文字の空き具合も読みやすくて良いと思いましたが。下へのスクロールがちょっと長い気もしました、1番後悔しいと思ったのはタイトルの文字色が白で後ろの背景と合わさって少し見ずらかったし、トップに戻る時にタイトルに目が行かなくて戻り方に少し戸惑いました。タイトルはもう少しインパクトを持たせたほうが認知され易いのではないかと思いました、ド素人が上から言ったみたいでごめんなさい、、、でも色合いはこれからhpを作りたい企業さんとかから見たら好感度を持てそうで私は好きでした。

ページを見て少しごちゃごちゃしてるかな?と感じました。画像をたくさん使ったり、色を使っているのはいいと思うのですが、多用しすぎている感じがして、少しくどいような印象を受けます。1回目を知りませんが、トップは私はもう少しシンプルでいいと思います。トップはシンプルに見やすくまとめて、あとはリンクからとんでみてもらうようにしてはどうでしょうか?

ホームページ制作高松というキーワードで29位の会社が、「検索順位を上げることが得意なホームページ制作会社です。」といっても説得力はまったくありませんね。それ以前に検索ユーザーはどうやってトップウェブカンパニーのサイトにたどりつくのでしょうか?ほかのキーワードでせめて1ページ目に表示させる、PPC広告でユーザーにサイトを見てもらう機会を増やす、そういうことに力を注いでみてはいかがでしょうか?

すごくシンプルで私は好きなHPでした。ただ料金表が少し見にくいなと思いました。スマホだからかもしれませんが。あとカテゴリなどのメニューは画面下よりも画面トップやサイドにある方が調べたい事をスムーズに調べれるので良いと思います。

サイトを開いて、まず大きな画像が目に飛び込んできますが、個人的にはこうしたポップでカラフルなものは好感を持てますし、センスの良さを感じます。ただ、「高松ホームページ制作|トップウェブカンパニー」という文字の色が白だと、少し見にくいというか目立たない感じがしました。制作事例のページは説明が分かりやすくていいと思います。個々の事例となるサイトは別タブになった方がいいかもしれませんが。料金・スマホ対応・ワードプレスのページはいずれも分かりやすくて親切に書かれていると思います。全体的に好印象を持ちました。

御礼

今回20名の方に弊社のホームページを批評していただきました。厳しい意見を赤字にマークし今後の改善に努めます。

 

ホームページを批評していただきました

ホームページの批評

クラウドワーカーさん10人にトップウェブカンパニーのホームページを批評していただきました。自己満足でホームページを制作すると自分自身がどのようにみられているか分からない部分があり、第三者の方から率直な意見を沢山いただいたことで大変参考になりました。

クラウドワーカーさんはこちらで募集いたしました。

https://crowdworks.jp/

批評して頂いた日時:2017年4月9日

批評人数:10人

批評1

シンプルさとスタイリッシュさを感じるようなサイトでしたが、少しシンプルすぎるのかなと感じました。素晴らしいデザインセンスを伝わるのですが、最大限サイトを作る技術力が素人が見ても解るようなサイトでも良いのかなと感じました。

批評2

すっきりとしていてとても見やすいサイトだと思います。こちらの特徴やそれぞれの解説がとてもわかりやすく記載されていて初心者にも優しい感じがしました。また、料金がひと目でわかるように明確に記載されてあったのも好印象でした。

批評3

全体的に地味な仕上がりの印象を受けました。良く言えばシンプルで分かり易いのですが、悪く言えば手抜きの印象を受けました。気になるところは、リンクを貼っている単語は色を付けたほうが、やはり見やすさと親切さを感じるので、付けたほうがいいと思いました。

批評4

第一印象はとてもすっきりとしていて読みやすいと思いますが、いきなり内容がSEOとかワードプレスとかこれからHPを作ってみたいと思っている人にとっては取っつきにくいと思います。最初のトップページは専門用語を使わずもっと分かり易い表現にした方が知識のない初心者の人でも入りやすいと思います。

批評5

ホームページの運用は全てワードプレスにて行われており、SEOを意識して検索順位を上げてくれるサービスが魅力的です。ただ、料金ですが、法人ですと+200,000円は支払えるかも知れませんが、個人向きでしたら、ちょっと割高だと思いました。又、ブログ記事代行も月額20,000円との事ですが、アドセンスで収益を得ているブログを持った方なら支払可能ですが、普通のブロガーには高い料金設定だと思いました。

批評6

シンプルなデザインで見やすいとは思います。 只、全体的に少し淡々とし過ぎているかな?と感じました。 もう少しメリハリがあって、ぱっと見で「この会社に発注したい!」と思わせるようなキャッチがあると初見の人にもインパクトがあると思います。

批評7

第一印象は地味な感じがして内容を確認しようと思うようなホームページではありませんでした。内容は料金が明確なのでわかりやすく順位保証型プランは魅力的なプランだと感じましたが、なかなか安い買い物ではないので初めてのホームページ制作する方は勇気がいる価格帯だと思います。

批評8

ホームページの検索順位をあげたいと思っている人は恐らく、専門用語や、パソコンに弱い人が多いのかなと思ってホームページを見ていると、少し専門用語が多く、難しいかなと思う。説明が多くて欲しいと思っている簡単な情報をなかなか見つけられない。また、検索順位を上げる会社にも関わらず、16位というところが不安だなと思う。

批評9

シンプルで見やすいホームページだなとおもいました。料金も明示しているページがあって親切だなと感じました。ただ、ワードプレスのテンプレートに記事をずらっと挿入していったような作りなので、ホームページ制作をこの業者に頼みたいと思われるようにアレンジに富んだホームページにするとより良いと思います。

批評10

どういうシステムかも分かりやすいし、どういう事をして検索上位になるかを具体的に説明してあって読みごたえがありました。検索順位保証型というよりは聞き慣れない言葉をどういう事か簡潔に書かれているのも良いと思いました。

まとめ

文書主体でシンプル過ぎるという手厳しい意見を沢山いただき今後の改善に努めていきたいと思います。

 

 

安全でないパスワード収集のため Chrome 56 で警告が発生する

Chorome56で安全でないという警告

高松のHP制作会社トップウェブカンパニーです。

2017年1月よりGoogleブラウザのChoromeにて「安全ではない」という警告が順次出されるようになりました。

トップウェブカンパニーが管理するWebサイトの中でも2つのサイトについて警告が出ました。

警告が出る条件

SSL対応されていないWebサイト+問い合わせフォームなどが設置してある場合。

この二つの条件が重なっていることをGoogleが認識した時点から警告がだされるようです。

Chorome以外のブラウザIEやサファリでは警告は出ません。

Googleサーチコンソールで表示される警告は以下の通りです。

http://ドメイン名/ の所有者様

2017 年 1 月より、Chrome(バージョン 56 以降)では、パスワードやクレジット カード番号を収集するページで、HTTPS で配信されないものについては、「安全でない」と明示することになりました。

以下の URL は、Chrome のこの新しい警告が発生する原因となる、パスワードやクレジット カード情報の入力欄を含んでいます。こちらの例を参照し、警告が発生する箇所を確認して、ユーザーのデータの保護にお役立てください。なお、このリストはすべてを網羅したものではありません。

対策

早急にSSL化するか、入力フォームを撤去することになります。

非常に気になるコメントが付加されています。

長期的には、非暗号化プロトコルである HTTP で配信されるすべてのページを「安全でない」と明示することを計画しており、この新しい警告はその第一段階です。

いまのところSSL化出来ていなくてもフォームなどがなければ警告は出さないが、今後は全ての非SSLに対して警告を出すという文面が付け加えられています。

トップウェブカンパニーでは制作した段階から無料でSSL化しております。

 

 

ホームページは安近短

ホームページに掲載する内容は安近短が最も効果を生みます。逆に技術力の高さをアピールすると返って反響率が落ちてしまいます。

初心者向け、低品質低価格、近い○

玄人向け、高品質高価格、広範囲×

やってしまいがちな内容

業歴が長く、資格や高い技術を持っていて、県内どこでも対応しますなどをアピールしてしまいがちですがこれは誤りです。

人は初対面の相手に警戒心を持ちます。それよりも前の段階のホームページを閲覧しただけの段階で相手を信用することはまずありません。

信用できない相手に高品質で高価格な物を頼むはずがないのです。

ましてや遠くの会社に頼むはずがありません。

安近短の事例

ここまで言い切るなら実例を見せなければなりませんね。

弊社が岡山でホームページ集客をしているWebサイトがあります。

自信満々にSEOに強いことをアピールしていた時はまったくと言っていいほど問い合わせが入りませんでした。

「ん?やっぱ安近短か?」と思いメイン画像を初めての方でも安心!とアピールしたとたん急激に問い合わせが入ってくるようになりました。

たったこれだけで大きな成果が出るようになっています。

事例その2

弊社がホームページを制作させていただいた「遊漁船」のWebサイトです。

船長がベテランの釣り師だったため、最強アングラうー求む!というキャッチコピーでホームページを制作しました。競合の遊漁船Webサイトも同様に腕に自信あり!というスタイルです。

制作後にアクセスは少なからずある物の問い合わせがまったく入ってきませんでした。

検索順位は30位程度に掲載されている時点でのアクセスですので、必死に何かを探していることははっきりしています。

何を探しているんだろう?と船長さんと打ち合わせをしている最中に、「ベテラン釣り師だったらもう釣り船は決めているんじゃないか!」という考えが浮かびました。

たしかにそうですよね。

玄人から素人に対象を変えては?と考え、ベテランアングラー求むというキャッチコピーを「初心者大歓迎!」に変え、トップページも若い女性が釣っている写真を掲載したところ一気に問い合わせが入ってくるようになりました。

理にかなったことをすれば成果は必ずついてきます。

事例その3

近いをアピールしたケース

不用品回収業者さんのHPですが、順調に順位が上がり10位以内に入りましたが思ったように問い合わせが入りませんでした。

県内どこでもうかがいます。24時間電話受付しています。小さな物でも取り扱います。などをアピールしていました。

少数ではありますが問い合わせが入っておりその方たちの素生を聞いてみたところ会社所在地のご近所さんでした。またアナリティクスのユーザーの行動を見てみるとトップページに入ってきた人は会社概要のページに直行しており、近場の会社を探しているふしが見えました。

フェイクなやり方ですが、従業員さんの自宅住所をホームページに営業所として表記し「あなたの近くにあります」という打ち出し方をしたとたん1日1本の問い合わせが入るようになりました。

県内どこでもうかがいますといっても、お客さんの目には映っていなかったようです。

まとめ

自分視点で何かを考えるのではなく、相手視点(お客さん視点)で物事を考えると上手くいくようです。

このホームページもSEOを強烈にアピールしていますが、穏やかで初めての人でも頼み易い内容に変更いたします。

ブログを簡単に書く方法

SEO成功報酬

高松のホームページ制作会社トップウェブカンパニーです。

本日は12月にホームページを制作させていただいたお客様のフォローにうかがいました。

解体工事を営んでおられるお客様で、制作後にご自身でブログとして一日の作業内容を投稿していただいており、ブログの書き方やGoogleがどれだけページを読み込んでくれているか、検索順位が何位になっているかについて説明してまいりました。

通常のホームページはサービス内容や会社概要など必要なページのみを作った場合全体で10ページから15ページ程度になります。このページ数では検索順位を上げることはまず不可能ですので、制作後にブログ機能を使いページ数を増やしていかなければなりません。

弊社でページの更新を請け負って更新する方法もありますが、出来るだけクライアントさんに書いて頂いた方がコスト面でも低く抑えることが出来ますし、なにより社長さんの声が直接ページを見た人に伝わるため、ご自身で書いていただくことをお勧めしています。

概ね3カ月程度ブログを書いていただくと順位も徐々に上がるのですが1ヶ月目、2カ月目は目に見えた効果が出ないため途中で書く事が苦しくなるようです。

一日の作業を終え、夜間にブログを書いていただいておりますが、大変な労力になっています。「あぁ・・もうええわ」となるのが大体1ヶ月目になります。

サポートする側とすると徹底して記事を誉めまくります。

また、ブログを書く為の秘策があります。

簡単にブログを書く方法

文書形式で業務内容を紹介しようとすると沢山の文字数が必要になり、またネタについても様々なネタが必要になりますが、だいたい1か月も書いていくと尽きてしまいます。

そこで登場する新たな書き方が「業務報告形式」です。

タイトルに日付と現場名を入れる。

本文の冒頭に同じく日付と現場名と市町村名を入れます。

日付を入れるのは他の記事との被りを防ぐ意味と日付はとても重要視される項目なため必ず入れていただいています。

作業内容の写真を最低3枚から5枚を撮っていただき、その写真は何をしているところなのかがわかる説明を1行程度入れていただいています。

この書き方は写真さえ用意しれば比較的容易に書けることと、ブログを実際に読んだ人に作業の内容を詳しく伝えることが出来ます。

一石二鳥ですね。

サーチコンソールのチェック

実はとても重要なチェック項目があります。

書いた記事をGoogleが全部認識してくれているかどうかのチェックです。

ブログとして書いた記事の情報が少なかったり他の記事と重複している内容と見なされた場合はGoogleインデックスの数が増えていきません。

固定記事と投稿記事の合計が、Googleインデックスの総数を上回っておれば日々書いて頂いている書き方でOK.

書いても書いてもGoogleインデックス数が増えない場合は根本的に記事を書き方を変えないと毎日の投稿時間が無駄になってしまいます。

日付と住所を入れていること。

写真を3枚から5枚入れていただいていること。

この二つの項目を守ればきっちりGoogleが業務に関連した情報として認識してくれますので、のこり2カ月継続していただくと検索順位も上がり新規のお客さんからの問い合わせが少しずつ入ってくるようになります。

「ホームページをみた!」という電話が何よりも励みになります。

トップウェブカンパニーは頑張る人を応援いたします。

塗装工事会社さんのHP制作

塗装工事会社HP制作の取材写真

塗装工事会社さんからホームページリニューアルの御依頼をいただきました。2年前に制作しておりましたが、SEOにて上位を狙う事と、自社からの情報を沢山発信していきたいとのことでHTML方式で制作しておりましたが、ワードプレスというシステムを入れ、フルスクリーンタイプのデザインに変更することとなりました。

競合調査

「塗装工事 岡山」というキーワードで上位表示させようと考えた場合、検索結果1ページ目に表示されるHPが競合となります。その競合について特徴を調べ対抗手段や打ち出していないサービスなどを見つけ特徴を打ち出して行きます。

もちろん現場へ取材にもうかがいます。

塗装工事会社HP制作の取材写真

以下は実際に調査した内容です。

広告枠

ベストホーム

100㎡498,000円

自社施工、5年保証、リフォームローン0%、外壁診断士

塗夢MBP

120㎡578,000円

自社施工、外壁無料診断、年間1000件、10年保証、雨漏り診断

建築工房いづき

30坪478,000円

自社施工なので中間マージンがない。手塗りを強調

一般枠

ベストホーム

広告枠とは別のHP

問い合わせの際に合言葉を伝えると1万円相当の和牛プレゼント

施工例を多数掲載

御南塗装工業MBP

ブログや施工事例に誘導している。120㎡510,000円

ひかりペイント

まじめな塗装屋

10年保証、3・5・7メンテナンス無料、一級塗装技能士が施工

シリコン20坪530,000円光触媒20坪930,000円

共栄塗装店

リフォーム瑕疵保険、企業賠償責任保険加入、2代目塗装店、

金額の記載無し

イワショウ

大きさの記述なし498,000円

とにかく安くして欲しいという人向けに、在庫の塗料を使い激安施工します。

森重塗装店

素人でも分かり易い料金を3パターン(お気軽プラン、標準プラン、しっかりプラン)

以上の内容が調査した内容です。施工価格の相場やそれぞれが打ち出している保証などについて検討しより良いサービスや特徴を見つけます。

以下に掲載している内容が当社の提案内容です。

特徴を作る

マイベストプロ、女性営業マン、近場に絞る

  1. マイベストプロは少しずつ認知度が上がっており、アドバイザーとして登録されていることで信頼性をアピール出来ると思います。(塗夢・御南もMBP)
  1. ライバル店をみても男性の社長の顔写真が出ております。女性の営業の方が柔らかいイメージを伝えるため出来るだけ難波さんをアピールしたいと思います。
  1. マップをみていただくとわかりますが、岡山市の北側に競合がいません。
    近いということほど強みはございませんので地域を絞った内容はいかがでしょうか(ご近所キャンペーン)

価格について

上位に表示されている競合店が49万円を表記しているため平米数を少なくして低い金額を設定するなど検索順位が低い間は安めの設定にされてはいかがでしょうか。

松竹梅と3パターン作ると多くの人は竹を注文する傾向にあります。

総額、㎡単価、坪単価、使用塗料など出来るだけ詳細に記載。

競合を調査した時にライバル店の所在地をGoogleマップにマッピングしてみたところ、以外にもクライアントさんの周辺に競合が居なかったため「近い」ウリにしてはどうかと考えました。

制作について

打ち出すテーマが決まった段階から制作に進みます。

動画を制作しトップページの最上段の一番大きな部分に貼りつけております。再生ボタンを押さなくても自動で再生されるためインパクトのあるファーストビューになっています。

打ち出す内容「マイベストプロ認定」「女性の営業マン」「近場の方に割引」という3つのネタを分かり易く配置。必須の料金表示もプライスカード方式で見易く作りました。

また、従来のホームページのアクセスログを見るとスタッフ紹介のページの閲覧数が高かったためトップページからの誘導を付け、スタッフページには一人一人を顔写真付きで紹介しております。

制作したページはこちら

https://gpaint.jp/

スマホ対応、SSL対応済みとなっております。

主流のホームページレイアウト

高松のホームページ制作業者トップウェブカンパニーです。ホームページの今風のレイアウトについて説明いたします。

従来のレイアウトと今現在主流となりつつレイアウトは下図の通りです。

2017年 ホームページのレイアウト

従来はパソコン向けのWebサイトをレスポンシブデザインとしてスマホでも見易く作っていましたが、現在ではスマホ専用のWebサイトをパソコンでも見易くするという流れになっております。

サイドバーを使わず1カラム形式で作られ、メインのアイキャッチ画像もとても大きな物を使うのが主流になっています。

図ではわかりずらいかもしれませんが、1カラムにすることで文字のサイズも大きくとることが出来、わずらわしいサイドバーに目を奪われることがありません。

制作費大幅削減

スマホ向けの画面は余計な背景やバナーを配置するととても見づらくなるためシンプルデザインが特徴になっています。

従来は細かな作り込みとして背景画像やバナーなどデザイン要素が強い制作スタイルでしたがスマホでは不用となり制作コストも大幅に下がっております。

制作に手間が掛らなくなったということは我々制作側に限らずクライアントさんにとってもよい傾向になっているのではないでしょうか。

不完全なSSLの修正

トップウェブカンパニーの三浦です。昨日のホームページ制作業務を報告します。昨日は不完全なSSLの修正作業を行いました。

日時:2017年1月20日(金)

業務内容:不完全なSSLの修正

SSLの証明書を発行するとhttpsでアクセスすることが出来るようになりますがホームページのソースなどにhttpのURLが残っていると「保護された通信」マークがつかず下図のようにヒントマークがついてしまいます。

不完全なSSL

これではまったく意味が無いため対策しなければなりません。

不完全な理由

内部リンクへのURLにhttpのURLが残っていることが原因です。

画像などのリンクを相対パスで指定していた場合は問題ありませんが、フルパスでhttpを指定していた場合はパスを修正する必要があります。

対策方法

長年かけて書かれたブログや沢山の固定記事がある場合、手作業でソースを修正することは困難です。こんな時は文字列を一気に置き換えしてくれるプラグインやアプリケーションを使います。

ワードプレスの場合はこちら
Search Regex

HTMLで作っている場合はこちら
http://www.vector.co.jp/soft/review/win95/util/se407023.html

置き換え前の文字列:http://top-web.company

置き換え後の文字列:https://top-web.company
若しくは置き換え後の文字を空にするとフルパスから相対パスになります。のちのちhttpに戻さなければならなくなった時を考えて相対パスにする方法もあります。

変換ボタンを押すと一発で全ての記事や投稿、HTMLであれば全てのファイルの指定した文字列が変換出来ます。

対応後

対応が終わると下図のように保護された通信マークが出るようになります。

SSL対策後のマーク

まとめ

現在トップウェブカンパニーの顧客数は200件前後となっております。

Webサイト全てをSSLに対応させようとすには夏まで掛りそうです。

 

2017年1月15日 ホームページ制作業務

高松のホームページ制作会社、トップウェブカンパニーです。本日日曜日も制作業務を行っておりました。

日時:2017/01/15 (日)

案件:保険代理店、不動産業

保険代理店さんのホームページ制作業務

保険業のお客様は新規でホームページを制作される方でした。

保険業は生保、損保ともにメーカーのロゴ使用規制があり使用する場合は保険会社の審査が必要になります。

また、商品を説明する際にも一言一句チェックが入るため通常の業界に比べ手間が掛ります。

出来るだけ保険会社のロゴを使わず商品の説明なども省きたいところではありますがクライアントさんのほとんどは必ずと言っていいほどロゴを入れたいと希望されます。

保険を契約したいと考える方は、保険会社を選んで決める方もいますが、ほとんどの場合は何らかの人脈で代理店さんを知りそこと契約するのではないかと思います。

要するに保険代理店さんの人柄さえわかる内容をホームページに記載すれば問題ないと考えています。

 

今回のクライアントさんは親しい間柄の方でしたので、代理店のホームページに保険会社のログなどは要らない旨を説明させていただきシンプルプランにて制作いたしました。

制作したページはこちら

https://onet-ct.com/

レスポンシブデザイン、SSL対応にて制作しております。掲載する項目が少なく、各項目に入れる情報もそんなに多くなかったため1ページのみという制作スタイルとなっています。

不動産業さんのホームページ制作業務

5年来のお付き合いがある不動産会社さんからリニューアルの案件をいただきました。

不動産に関する特定のキーワードで上位に表示し集客していましたが、ライバルページが大幅にページをリニューアルし、従来のシンプルなデザインでは負けてしまっていると予想されたため思いっきり斬新なデザインにリニューアルいたします。

最新のホームページ制作スタイルはフルスクリーンタイプといって横幅いっぱいに画面を使い文字サイズなども大きくしたデザインとなります。

いまご覧いただいているこのホームページもフルスクリーンに近いデザインとなっていますが、これよりもっと斬新なデザインで制作予定です。

本日はワードプレスをインストールし、旧Webサイトの文書や写真などの移転作業のみを完了いたしました。

明日はデザイナーさんへ案件の指示を出し、デザインの制作開始となります。