Googleアドワーズサポート担当がキャンペーンを設定した結果

トップウェブカンパニーの三浦です。今回はグーグルアドワーズなどリスティング広告に関する話題です。

行政書士さんからコンサルティングの相談をいただきました。

その方は行政書士業務を行っておられ地方都市の一部で業務を展開しておられます。グーグルアドワーズのテレアポに引っ掛かり試しにやってみたが上手くいかなかったので何故なのか理由を教えてほしいとのことでした。

アドワーズアカウントの中身を見てみると以下の通りです。

  1. 地方都市で業務を行っているにも関わらず、ターゲット地域が東京、愛知など無関係の大都市。
  2. 行政書士なのに司法書士のキーワードも登録されている。
  3. 「開業」「代行」など述語だけのキーワードの組み合わせになっている。

お客さんいわくグーグルが設定してくれた内容なので正しいです!とおっしゃっていました。

アクセスを集めるという目的に対しては正しい設定かもしれませんが、ローカルビジネスの仕事を取るという目的にはまったく不正解な内容となっています。

東京や愛知にはたくさんの行政書士がいるためわざわざ他の地方の行政書士に仕事を依頼するなどありえない。

そもそもグーグル担当者は行政書士と司法書士の違いすらわかっていない。

開業や代行などのキーワードは検索ボリュームの大きいキーワードですが、主語の介護施設などがなければレストラン開業代行などにも引っ掛かってしまい広告品質が思いっきり下がってしまう。

以上の理由により広告費4万円を無駄に使われていたようです。

対策

もし継続してリスティング広告を続けるのであれば以下の設定に修正してくださいとお願いいたしました。

  1. 地域を自社の対応エリアのみに設定する。
  2. 自分が一番取りたいと思う業務のみに絞り、他のグループは一旦停止にする。
  3. 3日おきにキーワードの「検索語句」を調べキーワードに登録する物と除外キーワードに登録する物に分ける。

この3つをしっかり行えば多少なりとも成果が出るのではないかと思います。大きな成果を求めるあまり欲の罠に嵌らぬよう進言して無料相談を終了いたしました。

気をつけよう暗い夜道と電話営業

ひところに比べ極端にSEOなどのテレアポは減りましたが、このような形でお金をむしり取られるテレアポがあります。合法的なオレオレ詐欺と呼んでも不思議ではありません。

持つ者は与えられ更に豊かになり、持たざる者は持ってる物すら奪われる。

資金にゆとりのある会社がテレアポを使い、知識を持っていない人のなけなしの金すら奪っていく図式です。

リスティング広告で購入してはいけないキーワード

トップウェブカンパニーの三浦です。

今回はリスティング広告のお話です。リスティング広告で失敗するキーワードについて説明します。

上段に4枚以上広告が出ている場合は参入しても失敗します。

ホームページ制作を検索した時のキャプチャー

よほど差別化されたサービスや商品を取り扱っていない限りこれだけ競合が多い市場に参入すると失敗します。

差別化された商品とは他社が100円で売っている商品を半額の50円で売る場合や、納期や品質において圧倒的に有利な商品です。こういった商品はなかなかないため「うちの商品は他社とは違う!」と自画自賛している程度の物ではダメです。

薄いキーワード

キーワードには濃い、薄いがあります。購入に繋がり易いキーワードを濃いキーワードといい、購入に繋がりにくいキーワードを薄いキーワードといいます。

「商品名+使い方」などは購入単価は低いですが、とても薄いキーワードになりますので、こういったキーワードは広告費の無駄使いとなります。

失敗しないために!

リスティング広告で失敗する本当の理由は「欲が深い」ことにあります。

わずかな金額で沢山の売上を上げようと目論むことが失敗の本当の理由です。

自社のサービスにぴったりのお客さんはそんなに多くはいない物だと考えると上手くいきます。

自社のサービスにぴったりのキーワードと広告文+ランディングページを作ると(広告費ー利益=プラス)にする事が出来ます。

大きな目標を立てず小さな市場で勝負することがリスティング広告運用において大切です。