検索結果の市場占有率を上げる方法

トップウェブカンパニーの三浦です。ブログの更新を約1か月怠っており順位が下降し始めたので慌てて再開しますw

本日は検索結果という市場の中でシェアを上げるということについてお話します。

通常はホームページを作りSEOやリスティングなどで検索結果1ページ目を狙い色んなテクニックを駆使して日々努力します。

1個でも順位を上げるために何か出来ることはないかについて取り組むスタイルがいかにも日本人らしい戦術スタイルではないかと思います。

競争が激しい業界においては欧米式の戦略を取り、いかに順位を上げるかではなく市場そのものを全部奪っちゃえ!という発想になっております。

恐るべき欧米式の戦略について

下記の図をご覧ください。

赤マークが付いているサイトは全部オーナーが同じで屋号が違うだけです。

戦術面を頑張り5位のサイトを4位に上げても集客数は微増するだけです。

戦略的に何個ものサイトを作り1個の市場の中に3つ以上掲載出来れば飛躍的に集客数が増えます。

月間検索回数が1000回のキーワードを例にすると下記のようになります。
かなり荒っぽい計算ですが。

 1位(2%) 20クリック
 2位(2%) 20クリック
 3位(1.5%) 15クリック
 4位(1.5%) 15クリック
 5位(1.5%) 15クリック
 6位(1.3%) 13クリック
 7位(1.3%) 13クリック
 8位(1.1%) 11クリック
 9位(1.1%) 11クリック
 10位(1.1%) 11クリック

一つのWebサイトに対してSEOを頑張り10位を1位に上げた場合に増えるアクセス数は9クリック。

3つWebサイトを作って3位、5位、10位にランクインさせた場合合計41クリックを獲得することが出来ます。

1位のWebサイトの2倍の効果が見込めます。

屋号、電話番号、住所などが必要になるため多少の経費はかかりますがこの戦略をとれば小さな市場でも大きな効果を生むことが出来るのではないでしょうか。

当然のことながらリスティングも2アカウントを取って取り組むと更に効果が高まります。

カテゴリーSEO